.

自己破産は自分の都合で一部の借入金を外して行う手続は通りませんので高額なローンまたは親族などの保証人が付いている借金を除いた申し入れは不可能です。

ローンがまだあるときに申請を実行した場合マイホームは回収されてしまいます故にローンを継続して払いながら(マイホームを住居としながら)返済義務のある負債を精算したい場合には借入金の返済を軽減する民事再生という申請方法を用いることになるでしょう。

ところで、保証人がある未返済金などの債務が存在する時には借り主が自己破産をしてしまうと、保証人のところに請求が送られてしまうのです。

なお、所持している財貨(持ち部屋、マイカー、株、各種保険といったもの)等は通常例外無しに処分対象にならざるを得ないゆえ、所持したい私有財産があるという方の場合や自己破産の手続きをしてしまうと営業が出来なくなる資格を使って働かれている場合には他の返済の方法(任意整理あるいは特定調停手続といった方法)を用いなければなりません。

またばくち・お金の無駄遣いで負債が大半の場合には一番欲しい免責(債務を帳消しにする裁定)が受けつけられない可能性があり得ますため違う借入金返済のやり方(特定調停の申し立て、債権者との和解による任意整理または民事再生による借金の圧縮)も視野に入れて考えていく方が望ましい結果が得られることもあるかもしれません。