.

カードをお店で使用する場合に、一度は経験があるのではないかと察しますが店頭の人が理解していないことでどちらのレシートを利用者の方に渡せば良いのか迷っている時がある。

といいますのも、クレジットカードを利用するとレジより数枚の明細というものが出力されるからでして、この明細のどの紙をカード利用者へ渡したら良いか迷ってしまうというケースがあるのです。

3組綴りの明細について》3組綴りの明細レシートについてはどういうものかをまとめると下記の通りとなります。

1お客様へ保管して頂く明細レシート。

2お店の控え利用明細。

3カード会社控え用の使用レシート(サインを行う紙)。

本来は例外なく客に対して保管してもらうレシートの方を渡されるものですが時々、別の使用明細を客へ間違えて渡してしまうという場合であったり署名をした利用明細自体を渡すというなんていうケースなども見受けられます。

このようなケースはパートの従業員であるとかそれほどクレカが利用されない店舗などにて使用する際、こういった店員の困った姿が見れると思います。

今後誤った方の利用レシートを提示してきた際は、怒らずに「こちらは違いますよ」と言って上げて欲しい。