.

自己破産という法的手続きの特徴は、端的に説明するならば債務の返済が不能になったという認定を受け取ったときに借り主が所有している全部の財産(生きていく上で最小限欠くことのできないものだけは所持を許可されている)を接収される代わりに一切の借金が取り消しとなるのです。

破産を行った後に、働いて得た給金や新たに所持したお金を借金返済に用いる必要性、支払い義務はまったく存在せず債務を負った人の経済的更生を促進する為の制度といえるでしょう。

債務返済問題を持つ人々がよく持っている悩みで自己破産というものを実際に行うことへの心理的抵抗があるといえるでしょう。

会社の社員たちに噂が伝わりこれからの人生に悪影響を及ぼすのではなどというように思ってしまう自己破産希望者が大変多いのですが実はそのような縛りは少ないといえます。

自己破産申立ては多重債務、自分の手に負えない額の借金で苦しんでいる債務者を助けることを目的として国家的に制定した制度です。

自己破産が認定された者においては以後の生活で著しい障害となるような規則は極力無いように設定されている法的制度です。

尚自己破産の申込をするにあたっては確実に満たしておかなくてはいけないような基準があることに注意しましょう。

それは何かと言うと未返済金などの債務をどのようにしても返済することが出来ない(債務履行不可能)になったという判断です。

債務の金額・現状の給与をみて破産を望む人が支払いが難しいであろうという風に司法的に認定されたとすれば、自己破産を行う事ができるのです。

仮に自己破産希望者の借金総額が100万円であることに対し月収は10万円。

こんな事例では債務の返済がとても困難であり、弁済不可能にあると判断され自己破産というものを行えるようになると定められています。

その一方で職があるかどうかという事情については法律上参考にはされず破産の申告は普通に働いて返却できない状況にある人にのみ適用されるという要件がありますため、労働が可能な上に、労働出来る条件がそろっているということであれば借金のトータルが二百万に満たないのであれば自己破産認定の申込が却下されてしまうといったことも起こり得ます。